Les Valeurs
ミシェル クルイゼルの品質へのこだわり

品質

1.カカオエキスパート
- Cacaofevier ®(カカオフェヴィエ)

カカオ豆のこだわり

カカオ豆の味を決める重要なプロセスは「発酵」、次に「焙煎」最後に「豆」である。
ミシェル クルイゼルは自分達の創りたい味を実現するために、カカオ生産者と直接契約し、カカオ農家への指導・協働の下
発酵の重要な工程を管理しています。発酵、焙煎ともに5種類、25通りから最高の味を選び抜きます。

焙煎へのこだわり

100-110℃のスロースチームロースティング(低温で長時間焙煎)することで豆本来のアロマを再現。

2.素材 − Noble Ingredient
(ノーブル イングリィーディエント)

Noble Ingredient

全てナチュラルな原料であること、素材には最高品質のものを厳選します。
素材そのものの風味や食感を尊重するために、人工の香料、人工着色料は一切使用しません。
例えば、ミシェル クルイゼルのシングルプランテーションチョコレートで使用する原料は非常にシンプルです。
〇厳選したカカオ豆
〇ピュアココアバター
〇砂糖
〇ブルボンバニラビーンズ(マダガスカル産)
〇ミルク(ミルク・ホワイトチョコレートのみ使用)

全商品において以下のものを使用していません。
〇カカオバター以外の植物性油脂
〇人工香料
〇GMO (遺伝子組み換え品)食品

副素材のこだわり

フロームスクラッチ - 全て一から自社工房で製作
フィリングに使用するプラリーヌ、ヌガティン、キャラメル、リキュールに至るまで全て自家製レシピ。
手間をかけることで良質な素材をさらに自分達の味に創りあげます。

3.フランス政府お墨付きの証 - EPVラベル (無形文化財企業)

EPV

フランス政府が発行する唯一の認定書が「EPVラベル」(無形文化財企業ラベル)です。
この認証ラベルは前提条件の資格があり、フランス政府が「傑出した技術を認める企業」に贈ります。一目見れば、品質の価値を判断できる証にもなります。
ミシェル クルイゼルは2012年以来取得しており、またEVP認証は、ミシェル クルイゼルで働く、職人達の類まれな技術の功績により支えられています。




4.トップシェフからの信頼

世界で活躍するトップシェフにミシェル クルイゼルのチョコレートは愛用されています。